スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーパックの回路図とか

さて、前回で6段階制御のパワーパックを作ったと言いましたが、今回はその回路とかに少し触れたいと思います。
ですが私の回路は間違っているかもしれませんし、私の回路を使って組んで失敗しても私は責任を負えません。
電子工作をするときは自己責任でお願います。


さて、ではとりあえず回路図を(2012 8/5 少し修正しました)
パワーパック

この回路は簡単に言うとロータリースイッチでC1のコンデンサを充放電し、C1の電圧でMOSFETを制御しモータを制御するものです。

今回はとりあえずスイッチ類の解説をしたいと思います。
まずS2から、これはVccの12Vをオンオフする電源スイッチです。簡単ですね。

ではその隣りのPSWは、ポリスイッチと言われるもので一定以上の電流が流れると抵抗値が上がるものです。
これにより回路がショートして過電流が流れるとポリスイッチが回路に流れる電流を制限するものです。
この部分はヒューズを利用しても良いと思いますが、ポリスイッチはショートを直すと自動復旧するので私はこれを選びました。

次にS3、S3は2つありますが、実際に作るときはS3は3接点2回路入りのスイッチを1つ使ってください。
出力を逆転させるものなので個別にすると危険です。

最後にS1です。回路のメインとも言えるスイッチです。R1側から1~6の接点があります。
接点1につなぐと10kΩの抵抗を通してC1が充電されます。2は50kΩを通してC1が充電され、3は何もなし。
4は100kΩを通してC1が放電され、5は10kΩを通してC1が放電されます。
6は500Ωを通してC1が放電されるので急速に放電されます。
つまりこのスイッチを使いC1の電圧を変えています。

次回の記事でMOSFET周りを詳しく書きたいので詳細は後ほど書こうと思います。
スポンサーサイト

自作パワーパック

お久しぶりです。なかなか更新できず申し訳ありません。

突然ですがNゲージ用のパワーパックを作りました。
CA3B0025.jpg

2段階の加速、惰行、2段階の減速、急停車の6段階で制御するコントローラです。
詳細は後ほど書きたいと思います。

R60とGPU

自作をした人は1度は思うであろう、ノートPCにGPUを積みたいと
BTOとかCTOのノートパソコンでは搭載されてることもありますね。
でも、結構いい値段したりしますし、専用のものかマザーボードに搭載されているものが多いですね。
なので後付をするのはかなり困難です。

ですがそれを一部機種で可能にする機械があるのです!
私はノートパソコンはほとんどThinkPadのみを使いますがThinkPadはドッキングディバイスが使える機種が多いです。
ウルトラベース、アドバンスド・ドック、ポートリプリケータなどですね。
その中のアドバンスド・ドックにはPCI Expressが搭載されています。
そして現在のデスクトップPCのグラフィックカードはPCI Express X16レーンのものが多いですね。
つまり、限定的ではあるのですがアドバンスドドックを使うと対応機種のThinkPadにはデスクトップ向けのカードが乗るのです。

続きを読む »

X40を使う続き

昨日のX40の続きです
ブラウザのキャッシュやテンポラリファイルをEWFを使っているディスクの上に設定するとすぐにメモリを使ってしまいます。
X40はDDRメモリなのでDDR2やDDR3に比べると容量も少なく高価なのでできるだけ増設も面倒なのでEWFを使わないディスク領域がほしかったのです。

続きを読む »

X40を使う

頑張って更新すると言いながら広告が出てしまったGureesです

突然ですが、私は普段デスクトップは自作機がほとんどなのですがノートはThinkPadを使っています
その中でX40というモデルが有り、私も所有していて、最近になってX40をいじっているのですよ
そのX40のハードディスクがクセモノなのです


続きを読む »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。