HDDを交換したんです~

えーと、私の愛用PCのHDDを交換しました~

さすがにCドライブ6GBはきつくなってきたので^^;
98使ってたときはネットにもアクセスさしていなかったせいでウィルス対策のソフト入れてなかったのですよ

そうするとUPデートもなかったですし、アプリケーション、音楽、ゲームなどは基本5本ぐらいのフラッシュ
( ・256MB2本 ・1GB1本 ・2GB1本 ・4GB1本)に用途別でつめていたので
ほとんど使ってませんでしたし、XPにVerUPしてもPCV-M350はHDD交換を
うけつけないみたいなので、PCステーションにするまでは2GB+4GBのパーテーションで
一応少しのアプリケーションをためておけるようにしておいたので特に苦労はなかったのですが

今回ネットに接続させたため、ブラウザのキャッシュ、フリーソフトなので容量がが・・・。
一時ファイルがためられなくたってネットとかできなくなったときはあせりましたよ~

まあ、そんな感じでHDDを交換してみたのですがHD革命って意外と良いツールですけど、
再起動の回数多いですね。まぁ仕方はないのでしょうがね~

HDDの容量が上がったので動画、ゲーム、アプリケーションがよく入りますね

しかし、悲劇はHDDの交換をしているときにおきたのですよ~




ええ、それは暑い日でした。なんたって私のAthlonさんが熱をはくものですから・・・
熱をはくと言えば、私のマスタHDDも廃熱がすごかったです、ええ。
触れないときもあったりなかったり(暑いのいやだっただけかも?)

まあ、とりあえず98使ってたころ(半年以内ですけど・・・。ちなみに今は2008)のHDDはあんまり
廃熱を気にしていなかったのですが、40GBが入ったときに結構熱く感じたので
あまっていたPCUクーラーをとりつけて(FANの部分だけです)動作させていたわけですよ
(効果があったかはわかりませんけど、ないよりましだったと思います)

今回はおそらくHDDの回転速度も上がるんだろうからHDD用のFANを買うべきかな~
と、HDDの入ったソフマップの紙袋を提げたまま、キーボード(Rolandさん)のスタンドを
電子楽器コーナーにないなーとビックカメラをさまよっていた私は思ったので
DOS/Vコーナーに行ってHDD用のFANを購入して、おうちに帰ったわけです~

さらにさらに、今回のマザーボードにはSATAぽいポートがあったので
今までIDEに頼っていた私にとっての新しい世界だったわけです。
それでからFANを取り付けHDDをベイに入れようとしたら
FANの結構でかいヒートシンクが干渉してるっぽく、なかなか入りません・・・。

まあ、うにうにやってるうちにどうにか入ったわけですが
私はケースを倒さずやっていたので中が暗くてよくわからないまま
手探りでHDDを入れていたので、入ったかなーと
思ったときに、手が、ヌルってしたのですよ。

え??? え? って思って手を抜いて見ると、手から血がー!!!

PCに血をすわれたの2回目ですよ^^;

どうやらヒートシンクできったみたいです。血を見た瞬間痛くなるのこれなぜ?
その後は1.5Gモード(?)にしないとどうやら動かないらしいのですが、それを知らずに
やったせいでWindows上で認識されず、SATAコントローラにエラーが出ていて。
ドライバ何回も入れなおしましたよ、ええ。

それをネットの情報で知り、ジャンパの接続(IDEだとマスタ、スレーブ設定でよくやりましたね~)を
すべくPCを切、HDDを取り外し、ジャンパの表記を見るべくFANをはずし、ジャンパを設定。
HDDをベイに戻すとき、また指切っちゃいましたよ~

そうするとあっけないぐらいで認識されて、今までの苦労が・・・。

まあ、今の環境はすばらしいのでいいですけどね~
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

データ復元のはなし

PCを長く使っていると、ハードディスクなどの故障でデータが壊れてしまう場合がありますよね。特に、大事な資料が取り出せなくなると大変です。物理的にハードディスクが壊れてしまう場合などは、個人でのデータ復旧はかなり困難です。最悪の場合、ハードディスクをさらに...